About
日本の未来を見つける2日間
What’s Future japan

オリンピックイヤー2020年をむかえる日本。日々増え続ける訪日外国人だけでなく、働き手を含めた移住者をこの国にどのように融和していくのかという課題はそれぞれの自治体や企業レベルではなく、日本を一つの国と見立て考える時期になっています。

多文化社会EXPO2019 -あしたのニッポン展-は、観光から経済まで「食べる、体験する、暮らす」を世界の人々と一緒に考えることができるEXPOとして、HALAL EXPO JAPANを再解釈し、2年ぶりにいよいよ浅草へ戻ってきます。

※HALAL EXPO JAPAN 2017の模様は動画をご覧ください。

HALAL EXPO 2017 Archive

How many days until EXPO?

通算5度目の開催

2014年日本初のハラール展示商談会を開催してから5年。2019年5回目のハラールエキスポジャパンは、多文化社会エキスポとして生まれ変わります。

出展ブース延べ337

ハラール、ベジ・ヴィーガン、グルテンフリー、五葷フリー、コーシャ、アレルギーといった食の多様性対応ブースをさらに拡充、日本の「おいしいダイバーシティ」を五感で感じていただけます。

来場者数延べ22,433人

来場者の約20%は海外からの来場者で、その出身国は25カ国におよぶ国際色豊かなイベントです。世界の食のダイバーシティが一同に会す、国内随一の展示商談会です。

はじめよう。おいしいダイバーシティ。

インバウンド

YOKOSO日本へ。食の多様性に対応したボーダレスな日本の食を世界へ発信、2020東京+αの最後の呼び込みができます。市場の先駆者と情報交換や交流ができるのは、多文化社会エキスポだけです。

アウトバウンド

J FOODを世界へ。今日本が全力で取り組んでいる世界への輸出を独自のアプローチでサポート。インフルエンサーがブースを周り、世界へ向けてライヴレポートします。英語不要のバイヤーとのマッチングも行います。

インフロー

新しいニッポンを。空前の人手不足、急増する外国人生活者、問われる日本人の受入れ姿勢。本格的な多文化社会の到来に際して、喫緊の課題となっている受入れ環境の整備について、外国人を交え本気のシンポジウムを開催します。

多文化社会エキスポ2019 開催概要

主催:多文化社会エキスポ2019実行委員会

開催期間

開催期間:2019年11月13日(水)〜14(木)
Day1:13日(水)10:00〜17:00
Day2:14日(木)10:00〜17:00

会場

会場:東京都立産業貿易センター台東館 6・7階
〒111-0033 東京都台東区花川戸2丁目6-5

開催内容

1. 展示会・ビジネスマッチング
2. 2020直前PR旅行博
3. テストマーケティング特別ブース
4. インフルエンサーによる会場レポート
5 .ハラール、ベジ、ヴィーガン実例セミナー
6. 外国人材の雇用と受入ナレッジシェア
7. 多文化社会シンポジウム

Request
資料請求

Result
開催実績

後援団体(敬称略・順不同)

外務省、国土交通省観光庁、日本政府観光局(JNTO) 、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、一般財団法人自治体国際化協会(CLAIR) 、東京都、台東区、墨田区、福岡県、栃木県、 別府市、佐野市、千葉市、旭川市、日置市、帯広市、鹿児島市、高山市、 東京商工会議所、佐野商工会議所、東武鉄道株式会社、川崎商工会議所、帯広商工会議所、ガルーダ・インドネシア航空会社、株式会社 MATCHA、株式会社やまとごころ、訪日ラボ、 株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス、株式会社産業経済新聞社、 ariTV 株式会社、立命館アジア太平洋大学ムスリム研究センター、 かごしまファンデーション、公益社団法人 京都文化交流コンベンションビューロー、tvk(テレビ神奈川)、日本クリケット協会、公益社団法人 霧島市観光協会、TRAVEL HUB MIX、一般社団法人 旭川観光コンベンション協会、一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー、一般社団法人日本インバウンド連合会、一般社団法人 浅草観光連盟、両毛ムスリムインバウンド推進協議会
3450
2014 動員数
4416
2015 動員数
6698
2016 動員数
7869
2017 動員数
Contact
お問い合わせ